スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中身のない履歴書の改善法

こんにちは。


今回は先日とある方の履歴書の添削を

していたときに気付いたことを書きます。


その履歴書は非常にコンパクトにまとまっていて

見やすく出来ていたのですが、どうも

インパクトがなく、興味をひかない内容でした。


履歴書というと、記入スペースが限定されているので

うまくまとめなければならないのですが、

その際まとめすぎてしまって具体性が消えてしまう人が

多いのです。


ちなみにその添削していた履歴書は、たとえば

性格が明るい、と書いてあったら、そのあとに

「性格が明るい」ということに対する

一般論を書いているんです。


それではその人のパーソナリティが見えてきません。


ではどうしたらいいかというと、履歴書を書くときに

全て自分の今までの経験を踏まえて日記のように書く

ということを心がけてみると良いかと思います。



それによって具体性が増し、担当者のイメージも

印象が強くなりますので、今まで上手い履歴書が

書けなかった方はぜひ実践してみてください。


面接先生



【面接先生よりお知らせ】

無料レポート贈呈中!詳しくはこちらをクリック
60b.jpg

無料相談受付中!詳しくはこちらをクリック
mensetsudojo_big.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

あろえ(2010-12-28 14:03)
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。編集

トラックバック

http://seniorrecruit.blog84.fc2.com/tb.php/59-d2852027

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)