スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアの就業率上昇

本日(2011/01/29)の日経新聞の記事です。


総務省の労働力調査によると、2010年12月の

完全失業率は4.9%と、10カ月ぶりに5%を下回りました。


10年通年で見ると働くシニア層の比率が高まっています。


仕事を持つ人が人口に占める割合を示す就業率は

60~64歳の男性で10年前に比べて軒並み上昇。

とくに61際は7.6ポイント高まりました。


65歳までの継続雇用を企業に求める法律の

施行や年金の受給開始年齢の引き上げなどが

シニアの就業を促している。




面接先生



【面接先生よりお知らせ】

無料レポート贈呈中!詳しくはこちらをクリック
60b.jpg

無料相談受付中!詳しくはこちらをクリック
mensetsudojo_big.jpg
スポンサーサイト